読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてブロ@ama-ch

https://twitter.com/ama_ch

入門GNU Emacs 第4章まとめ

Emacs
  • 4章
    • バッファとウィンドウおよびフレームの利用

バッファの切り替え

キー操作 動作
C-x → 次のバッファへ移動
C-x ← 前のバッファへ移動

ウィンドウの取り扱い

キー操作 動作
C-x 2 ウィンドウを上下に分割
C-x 4 f 別のウィンドウにファイルを読み込む
C-M-v 別のウィンドウをスクロール
C-x o 次のウィンドウへ移動
C-x 0 作業中のウィンドウを削除(バッファを非表示にする)
C-x 1 作業中以外のウィンドウを削除

コマンドの前に「4」を付けると、別のウィンドウに対する命令になる。

フレームの操作

キー操作 動作
C-x 5 2 現在のバッファで新しいフレームを作成
C-x 5 b 新しいフレームをを作り、指定したバッファを開く
C-x 5 o 別のフレームへ移動
C-x 5 0 フレームの削除*1(非表示にする)
C-z フレームの最小化

コマンドの前に「5」を付けると、別のウィンドウに対する命令になる。

様々なバッファ操作

複数バッファの保存
キー操作 動作
C-x s ファイルに関連づけられている全てのバッファを確認・保存

!で確認せずにすべて保存
.で現在のバッファのみ保存
qで保存せずに中止
C-rで保存する前に内容を確認できる(Viewモード)。qで保存に戻る

バッファ名の変更
キー操作 動作
M-x rename-buffer バッファ名の変更
C-x C-v ファイルを開き直す(新しいバッファを作成せずに、現在のバッファ内容を指定されたファイルの内容と入れ替える)
読み込み専用バッファ
キー操作 動作
C-x C-q 作業中のバッファを読み込み専用にする。再度入力で解除される。
C-x C-r ファイルを読み込み専用で開く
C-x 4 r 新しいウィンドウに読み込み専用で開く
C-x 5 r 新しいフレームに読み込み専用で開く
バッファリストの操作
キー操作 動作
C-x C-b バッファリストを開く
バッファリスト操作コマンド

C-x oなどでバッファリストにカーソルを移動し、以下のコマンドが利用できる。

キー操作 動作 実行タイミング
C-n, Space, n, ↓ カーソルを次のバッファへ移動(1行下げる) 即時
C-p, p, ↑, BackSpace*2 カーソルを前のバッファへ移動(1行上げる) 即時
d, k バッファに削除候補マークをつける x押下時
s バッファに保存候補マークをつける x押下時
u バッファのマークを削除する x押下時
1 バッファをフルスクリーン表示する 即時
2 現在開いてるバッファを上,選択してるバッファを下に分割して開く 即時
f バッファリストの代わりに選択バッファを開く 即時
o 選択したバッファを他のウィンドウに表示 即時
q バッファリストを終了する 即時
2つのウィンドウを比較
キー操作 動作
M-x compare-windows 相違のある位置へポイントを移動

diffみたいな感じ。

ブックマークの利用

キー操作 動作
C-x r m カーソル位置にブックマークを作成
C-x r b ブックマークへ移動
M-x bookmark-rename ブックマーク名の変更
M-x bookmark-delete ブックマークを削除
C-x r l ブックマークリストの表示


そろそろ覚えきれないなぁ、マメに見直して指に覚え込ませないと。
でも既に作業効率がかなり上がってることが分かる!楽しい!

*1:フレームが1つの状態では不可

*2:BackSpaceはカーソルが移動したらマークを削除する